保育士の求人に応募をして聞かれた経験談

ピアノの経験が必要な求人 「これまで働いてきた中でどんなことが印象的でしたか?」と聞かれた私は、経験談まで求められるのかと、思っていた以上に慎重な面接に対して、少しばかり緊張してしまいました。私はこのとき、保育士の求人に応募をして、その保育園で面接を受けさせていただいていたのですが、ふいにこれまでの経験を問われ、とっさに何を話していいものか頭が飛んでしまったのです。私がこの求人に応募をした1つのきっかけとなったのは、応募資格のところに書かれていた経験者のみという文字でした。これまでいくつかの保育園を転々としてきていた私は、この応募条件をぴったりと満たしていたため、きっとあっさりと採用が決まるだろうと、高をくくっていたのです。しかしその面接は想像以上に事細かな質問を繰り返され、さらには具体的な具体的な経験談まで問われました。そこで私が語らせていただいたのは、初めて子供たちに「先生」と呼ばれたときの嬉しさのついてでした。

私が保育士として初めて就職をしたのは20歳になったときのことで、短期大学を卒業してすぐでした。社会人経験のなかった私は、慣れない現場にいつもあたふたとしていたのですが、そこで子供たちが「先生」と呼んでくれることだけが支えで、これがあったからこそ、この子たちのために立派な先生にならなければと、一生懸命に働いてこられたのだと思っています。そんな経験を語った私は、無事に保育士として採用していただくことができました。

Copyright (C)2022ピアノの経験が必要な求人.All rights reserved.